ゆらゆら 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうすぐ解禁

今年は、わがまま放題!

なんて言ってはみたものの、わが娘共に言わせると 「何時もの事じゃんか」 と、軽くいなされるだろうな。

そこで

俺は 「釣りに没頭したいんじゃ~」 と、改める。       大した違いは無い!



昨年は何やら忙しかったような? ここも放ったらかしで、スポンサーには随分とページを埋めて頂いた気がする。
今年はちがうぞ! 何たってタイイングする時間と気力が戻って来た。

そんな訳で、今年も宜しくお願いいたします。

川に立つのはもう少し先、雪が消えてからと思いチマチマとでっかいFLYを捲き始めた。 今更ミッジは捲く気が起きん。
10年以上前にタイイングした、古くて新品のFLYが有れば十分。もっとも使う気さえ起きないが・・・

IMG_1170.jpg

思えば、ここ10年以上徘徊を繰り返し、種まきグループの一員として遊び場の様子を伺ってきた。
大きな変化は無いにしろ、昔に比べると僅かながらも遊べる谷が出来つつあるように思えてきたんだよ。 
反対に遊べない谷に変貌を遂げた流れも有るにはあるが、俺一人の力ではどうしようも無い (´・ω・`)

山ごと鷲づかみにして崩れないようにペタペタ叩いてる訳にもいかないしな。


昔の良識ある人に言わせると 「釣りは最も愚かなるもの」で有るとか? 俺も人の道を踏み外し「鬼狂い」の路を歩み始めたか

とは言え歩み始めたばかりなら引き返せもしようが、そうもいかない! 何しろ筋金入りの「釣りバカ」なんだ
遊べない川なら遊べる川にしたい。 魚が少なくなったら増やしたい。それで良いじゃないか!
と、なる。
「増やす」 と 言っても闇雲にばら撒いてちゃ何処かのお堅い人達にツンツン突かれる事にもなりかねん
それに、どうせやるなら楽しくやりたい!
この川に「アマゴ」を増やして遊びたかった。心ある釣り人の遊び場としたかった。  ハイ、これが発端

本当は流れに泳ぐ「さかな」を見てワクワクしたかったのかもしれない。

まぁ世の中色々な釣り人がいらっしゃるから、楽しみも喜びも人それぞれ、時にはお叱りを受ける事も
「お前たちが放流するから天然のアマゴが居なくなったじゃないか」 とかさ・・・・?  ばっ、バッカヤロ~!
お前何年この谷へ通ってるんだ、天然物のアマゴの姿を見た事が有るのか?魚籠に50匹も60匹も入れやがって
しかも制限サイズ以下の魚も居るじゃないか! お前みたいな奴が種沢の魚まで持ち帰るから減ったんだろうが!こっちは種沢には一切触れずに卵から放流してるんじゃ!  と  啖呵を切りたくなる事も有る。 けどさ

釣りを始めた時からそれが当たり前と思ってる、数自慢の人の意識を変えるのは、しんどいゎ。  だったら
「世代交代を願いつつ?」←(結構キツイな) 遊ぶ楽しみを求める釣り人と、谷を 川を 歩きたい と 思うわけさ

 職漁師じゃねぇし

卵を撒くのも稚魚を放流するのも、この遊び場作りをけっこう楽しむ自分がいる。

種の保存だとかナンヤカンヤ言われると、理屈に合わない事も見えてきたりして面白くない、それはそれで大切な事なんだろうけど
それ程知識を持ち合わせてもいない只の釣りバカには、その川に合わせた魚を河川組合の許可を取り放流するのが
妥当じゃなかろうか? もちろん放流数など必要な計算をする程度の脳ミソと情報を持ち合わせてるつもりではいる

渓流魚を重要な収入源とする職漁師は、生活の為隠れ沢の数本も作り上げ大切に守ったと読んだ
今や俄か漁師?の存在が守るべき種沢の魚を奪い合い、在来魚を減らす要因の一つと思える。

俺は、釣り人による対象魚の放流は純粋なるボランティア活動とは思っていない。 一つの遊び場作りで有り
釣りを楽しむと言う純粋な見返りが有る以上、むしろ趣味の領域と考えるわけさ 
だけど、悪い趣味じゃ無いだろ。  放流等、それなりの秩序を守る為、必要な知識を漁るのも趣味さ、放っといてくれ!

今年は・・・・・と思いつつフックをバイスに           むふふふふ。   デカッ!

IMG_1173.jpg


家から5分の谷はどうなっただろう? アマゴは居着いてくれているだろうか?生き残っていれば一昨年の卵から孵化した
アマゴが遊んでくれるはずなんだが・・・・
発眼卵放流を始めてから5年目を迎える谷は安定して来た。この秋、禁漁になったら散策がてら残存数を調べてみたい

お隣の河川組合長の話では「1匹見えたらその10倍は居るよ」 と言ってた。 ゴキブリじゃないんだけど
見えない魚の方が多いのは察しが付く。 そう言えば、その組合長からイワナを捲きにおいでよと誘われてる
家から15分でイワナの谷を歩ける。 今年はナガレモンイワナも見てみたいし、ちょくちょくお邪魔しよう。

あとは雪解けを待つばかり。  久しぶりにワクワクしてるぞ!





  



スポンサーサイト
  1. 2015/02/04(水) 23:38:27|
  2. diary
  3. | コメント:0

プロフィール

mixedwing

Author:mixedwing
ゆらゆらと泳ぐトラウトに魅せられて。

リンクフリーの「のうがき」ブログです。
カテゴリ 「はじめまして」 よりお読みいただけると幸いです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
watching (10)
あまご日記 (21)
diary (23)
FlyFishing (1)
いわな日記 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。