ゆらゆら 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蛭下がりのジョニー

先月末の釣りと今月参加した釣行会でイワナ達をUPしようと記事を書き上げていたんだけど

              気が変わった         ダハハ

記録では・・・・・・・2007年以来歩いてなかったんだ!    何しろこの季節、厄介者が音もなく忍び寄る。 て言うか
頼みもしないのに無言にて勝手に採血し、ひと月程のかゆみをその証とばかりに残してゆく・・・・くそったれ~
が、そこは人間ができてる?  T2   ばっきゃろ などとお下品な雄叫びなど渓谷に轟かせるはずもない

辛抱、辛抱。  お前なんかよりずっとずっと会いたい奴がいるんだよ。   っと その前に

140622-1.jpg

備えあればナントカって言うじゃないか   なまんだぶナマンダブ   どぉ~か取り付かれません様に
雨上がりの日曜日、もわぁ~と温かい梅雨の晴れ間      最悪だぁ

140622-2.jpg

しっかし   荒れたなぁ            上はダイジョブだろか?









140622-6.jpg

もう少し先だったナ   この先の・・・・・

140622-7.jpg

まだ残ってたよ  こんな堰堤や小さな滝や落ち込みをいくつも見ながら歩いて来た 7年前もここからロッドを出したんだ
林道沿いにここまで、流れの中を何匹もの魚が走り、岩陰に隠れるのを見てきた。 少し減ってるなぁ

ここのアマゴはね  

140622-3.jpg

地味だろ


140622-4.jpg

明るい場所で釣れた奴も   やっぱりおんなじだぁ

サイズは10センチそこそこ    と思う  20センチを超える奴には未だお目に掛かった事がない
地元の方に声をかけられ、ここぞとばかりに話を伺うと、この辺りには放流されていないらしい。 
  (放流はずっと下の方だよ) と親切に教えて頂いたが、過去に誰かが他の谷より移植しているかもしれない?
私の乏しい知識や経験では、このアマゴが在来種と言い切るだけの確証は持てない訳ょ   だが

ここまで、林道を歩く事約1時間  越えた堰堤6か所  小さな滝数か所  落ち込み多数  山ヒル・・・釣り人 ゼロ
何れにも魚道など有るはずもなく、大きな堰堤は優に6メートルを超えていた。
仮にこのアマゴが他の谷より移植されたアマゴの子孫で有るとしても、これはもう立派な「この谷のアマゴ」と言いたいゾ

実は在来種と言い切れないのは大昔下から担いで上がったと言う話も聞いているからなんだ。  残念ながら
何処から何処まで上げたのかが判らず仕舞い・・・・・この谷はまだまだ奥まで続いているけど一際険しくなる

140622-5.jpg

画面手前から中央に流れを見る事が出来る  小さな滝の連続なんだけど   その上にも

やっぱり走る魚体を見る事が出来る    ロッドは杖と化し  そのグリップには何やら やらかい者が・・・・・・・





                                                       T2               
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/25(水) 00:28:40|
  2. あまご日記
  3. | コメント:0
<<やっぱり | ホーム | 徘徊日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mixedwing

Author:mixedwing
ゆらゆらと泳ぐトラウトに魅せられて。

リンクフリーの「のうがき」ブログです。
カテゴリ 「はじめまして」 よりお読みいただけると幸いです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
watching (10)
あまご日記 (21)
diary (23)
FlyFishing (1)
いわな日記 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。