ゆらゆら 

川には

川にはいろんな生き物が棲んでいた。

昔はね。

もちろん山にも棲んでいただろうね、いろんな生き物が。
今も息づいている生き物はたくさんいる。 只、変わって来ているだけだよ。

季節の移り変わりだけでなく、気候の変化や自然環境の変化で、その数が増えたり減ったり。
山も川もそこで生きる生き物が増えたり減ったりの繰り返しかも知れない。

だけど、いなくなってしまった生き物が増える事は絶対にあり得ない! 「絶滅」そう呼ばれてしまう。

私もそうなのだが、魚の放流活動を続けているグループのお手伝いをしている。

一口に放流と言っても、その活動や理念は様々。 
ただ釣りたい故の放流もあれば、その川に魚を増やしたいと考える放流もある。
前者の場合ブラックバスなどが一つの例にあげられるだろうし、ヘラブナなどもそうかもしれない。
最近ではニジマスやアマゴ、そしてイワナなどもそうなりつつある?

ただ、それらすべては「生き物」なんだよね。 安易に考えてはいけないと思う。

私なりの放流に対する考えなんだけど、川で魚を絶えず見られるなら放流の必要は無いと思う。
当たり前過ぎて盛り上がらない話しのまま終える事も出来るが、その場所、その魚では
満足しない人達も中にはいるわけだ。   だから続ける。

「こんな魚を釣ってみたい!」 「自分たちだけの楽しみにナイショの谷を作っちゃおう!」
「昔は沢山釣れたけど、釣れなくなったから入れちゃおう!」

いろんな思いから放流は行なわれている。それは決して悪い事だけでは無いのだけれど
何か引っかかるものを感じる。     本当にそれだけで良いの?

自問自答する釣り好きの自分がここに居る。 

そしてもっと難しいのが後者の「増やしたい派」 
おそらくは殆どの放流活動が善意で行なわれていると思う。 皆さん魚好きなんだよね。
或いは、一昔前までは「幻の渓流魚」などと呼ばれる、イワナやヤマメ、アマゴへの憧れから
放流を始められた方もいると思う。今では林道が整備され、高速道路が縦横無尽に伸びて、「幻」も
日帰りで出会えるようになった。

そこで増えた生き物が「にわか漁師?」善意の放流も彼らの釣り上げた数や大きさを競う材料となる。
そして魚はいなくなる。 また放流。 いなくなる。 放流・・・・・・。

やがてその谷でしか見られなかった野生種までもがいなくなってゆく。 絶滅・・・・・。 

ここに「増やしたい放流」の難しさが有ると思う。

安易な放流が野生種の絶滅を招く事もある。 だけど、釣ってみたいよね野生を!
だけど減らしたくは無い! 毎日では無いにしろ、そこを訪れた時だけでも会いたい野生。

そこで・・・・放流するわけだよ。   「再放流」

野生に会えたんでしょ。 その姿を手のひらにのせて見たんでしょ。 綺麗だった?

放してあげなよ。次に来た時、再び釣れると嬉しいよ。
 
「再放流」 そんな放流活動もあるんだよ。


昨今、再放流を許されない魚もいる。 琵琶湖のブラックバスなどはその代表かもしれない?
前述の「こんな魚を釣ってみたい」と言う放流の結果だが、「再放流禁止」それも難しいだろうなぁ。
とある河川のブラウントラウト、散々管理釣り場などでもてはやされていたのだが「外来魚」
の烙印を押されるやいなや、害魚として扱われる。ブルーギルしかり
全て人間のやった事なのに・・・・・・・ 

その「わがままな釣り人」の一人と思える私ではあるが、放流には場所や魚種を考え
心がけ、守って行こうと思う。  (まだまだ知らなければいけない事も多く有るが・・・・。)
「魚の居ない川は見ていてつまらない。」   釣りバカの戯言と思って頂いてけっこう。
「catch&release」=「再放流」    釣った魚は食べると考える人には判らないだろうね
『』つけて、とか せっかく釣ったのに勿体ない とか思われても。  しらんぷり!

お手伝いしているグループが放流を続けている川には毎年多くの釣り人がやって来る
近年、再放流を心がけている人達の姿が少しずつでは有るが増えて来たように思う。
もっともっと川に親しんでくれる人が増えれば、魚の棲む川の楽しさを伝えられれば
このグループの行なう放流活動は一つの実を結ぶと思う、釣り遊び、そして再放流、、釣り、再放流
お金も労力も要らない放流活動。ほんの「ちょっとしたやさしさ」が有れば皆簡単に出来る

私のお手伝いしているグループはそんな人達の集まりなんだ。

再放流が当たり前の光景になったら、来るのかな?  そんな・・・・・・。  さて、次は?

どんな魚と遊ぼうか? 釣りバカの幸せは一生続く?  釣り好きで居る限り続くね!
                           
                                    KEN さんも言ってたし・・・・・。
 
                   う~ん。画像が一枚も無いのも彩りに欠ける様な? 次は考えよう。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/10/26(金) 01:10:36|
  2. diary
  3. | コメント:2
<<雨の日曜日 | ホーム | 釣り人として・・・>>

コメント

Re: 釣り人だからこそ…

> 分かることも多いはず。

HRさん 申し訳有りません! コメントを見落としていました。ごめんなさい。

まさか、この記事にコメントが有ろうとは・・・・。
魚の減る原因で最も大きいのは釣り人に依るものだと「いわめ」飼育の方が嘆いておられました。

魚を絶やして川を変えるのか? 残すために釣り人が変わるのか?

ここまで魚を減らし、自然も壊して来たのだから、今度は人が変わる番なんだけど?
「やさしい釣り人」が増える事。その為には・・・・・まず、自分がやさしく有り続けたいと思っています。
  1. 2012/10/30(火) 02:36:45 |
  2. URL |
  3. T2 #-
  4. [ 編集 ]

釣り人だからこそ…

分かることも多いはず。
たしかに釣りたい気持ちが前提にありますが、川を歩いているからこそ川に関わりが薄い人よりも気づくことも多いはずです。
世間の人が気づいていない山奥での堰堤工事や、森林や川に棲息する水生昆虫の変化等々。
環境の変化が自然によるもの人為的によるものであれ、魚が減少してきている要因で一番大きいのが釣り人による乱獲だと思います。
海ほど広大な資源の宝庫でさえ、放流に頼らざるをえない魚種もいますし、ましてやキャパの大きくない川では自然増殖が非常に厳しいのが現状かと。
なすべきことは分かっているはずなのに、今さえよければいいという人がいかに多いことか。
長々と書いてしまいました。
すみません。
  1. 2012/10/30(火) 00:19:08 |
  2. URL |
  3. HR #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mixedwing

Author:mixedwing
ゆらゆらと泳ぐトラウトに魅せられて。

リンクフリーの「のうがき」ブログです。
カテゴリ 「はじめまして」 よりお読みいただけると幸いです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
watching (10)
あまご日記 (21)
diary (23)
FlyFishing (1)
いわな日記 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR