ゆらゆら 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大きくなったら・・・



おおきく~なったらぁ~♪      クジラにまではならなくていいからせめて尺に

IMG_1286.jpg

そんな思いで歩いて来た。  ちょっとしたご褒美も貰えたぞ!






ひたすら歩く釣友の背を見失うまいと必死に付いてく!

IMG_1311.jpg

まったく若いもんは元気だわい!
あのリュックの中に千匹以上のイワナとが入ってる事を除けばフツ~の登山者だと思うわナ

ついて行く俺も同じような荷物 、ロッドとウェーディングシューズを両手にぶら下げひいひい歩く

歩く事1時間少々、第一の目的場所に到着!
水温チェック後、ビニール袋にと共に酸素封入されたイワナの様子を確認する、元気だ

放流場所の水に馴染ませた後、ゆっくり袋から出してやるとすぐさま谷底の堆積された落ち葉や岩陰に走る者
砂底にへばりつく者、500匹程のイワナは徐々にその姿がこの谷の一部になる。
ここまで上げておけば他のイワナに食われる危険は下がるはず、大きくなったらゆっくりと下ってくればいい。

IMG_1288.jpg

他の沢へもそんなことを繰り返し、まんべんなく2000尾の種まきを終了。   さて、ここで両手の荷物だが
空いたリュックにそのまま仕舞い込むなんて事は・・・・・無いわナ

残雪を残す谷を再び降る事数十分

IMG_1293.jpg

手荷物は脱渓点の目印に置いて来た。  これで何処から見ても何時もの釣りスタイル、谷は

IMG_1289.jpg

広くてなだらか?変化に富んだ渓相に澄んだ水を湛える。  大好きだね、明るい渓は最高!

IMG_1292.jpg


水温は7℃と低めなんだけど、ドライフライにゆっくりと反応してくれた。 イワナらしい反応にニンマリ

IMG_1310.jpg

IMG_1291.jpg

今日はほとんどサイトフィッシング! ゆらゆらと泳ぐイワナ達がFLYにゆっくりと近づき     ぱっくん。

IMG_1296.jpg

俺の汚い手に乗せるのは気の毒とさえ思えたクリーム色の魚体

今日の稚魚たちがここまで成長し、遊んでくれるのはどれくらいの確率だろうか? 

             生き残って欲しいよなぁ                    T²








関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/13(月) 11:35:31|
  2. いわな日記
  3. | コメント:0
<<稚魚放流 | ホーム | 在来魚?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mixedwing

Author:mixedwing
ゆらゆらと泳ぐトラウトに魅せられて。

リンクフリーの「のうがき」ブログです。
カテゴリ 「はじめまして」 よりお読みいただけると幸いです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
watching (10)
あまご日記 (21)
diary (23)
FlyFishing (1)
いわな日記 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。